トップに
戻る
学校案内 中国語講師紹介
中国語他課程案内
受講料金一覧
生徒の声
ニーハオ新聞
旅行業務
お問合せ
お問合せ
学校地図
ホームへ戻る
中国語教室
ニイハオチャイナ神戸
神戸市中央区琴ノ緒町
5丁目5-26-201
(三宮駅北側スグ)
TEL078(241)4568

【中国グルメ単語帳】酥皮龍蝦


2018.10.17

酥皮龙虾

伊勢海老唐辛し炒めスープ団子揚げ 三絲駝峰 細切りラクダのこぶ、 鮑、 金華ハム蒸す 哈蟆鮑魚 干し鮑(特大)の二種蒸し煮。

酥皮龍蝦

菜系: 潮州料理
材料:海鮮
口味: あっさり
調理法:蒸す
価格:32 — 50  元(人民币)

中国語教室「ニイハオチャイナ神戸」 ジャンプ

 

 

 

 

好听华语歌曲


2018.10.16

才华横溢香港歌手陈奕迅的《k歌之王》。鼓掌!

三宮你好チャイナ神戸  小梅

 

 

 

古典名言で学ぶ中国語98


2018.10.15

孟子曰:“尽信书,则不如无书。”

现代文翻译
孟子说:“毫无保留地相信树上所说的,还不如没有书。”

日本語訳
孟子曰く「本にあることをすべて信じるなら、むしろ本がない方が良い」

中国語教室「ニイハオチャイナ神戸」 现代“老子”

 

 

 

漫談廣東話(六四)


2018.10.14

【幺心幺肺】yiu1 sam1 yiu1 fai3

北京語:让人伤心。

日本語:心に傷つく。

 

e.g.距講嘢幺心幺肺。(彼が言ったことは人に傷つく。/彼が言ったことは皮肉できつい。)

神戸三ノ宮の中国語教室「二イハオチャイナ神戸」   小昭

 

 

 

小吊梨汤


2018.10.12

秋に入ったら、北京の映画館の前に、梨のスープを売っている屋台がよく出ています。

今日はみなさんに北京風の梨スープのレシピを紹介しますね。

まず梨の皮を剥いて、小さく切ります。でも皮を捨てないでくださいね。あとでスープに入れて、スープの味と色を濃くします。次に梨の皮と身、白木耳、ナツメ、氷砂糖、梅と水を鍋に入れて、30分煮込んだら完成です。

timg

中国・神戸「ニイハオチャイナ神戸」                 小女生

 

 

 

古典名言で学ぶ中国語97


2018.10.08

天下难事必作于易,天下大事必作于细。   ——《老子》

现代文翻译
天下的难事都开始于容易的事,天下的大事都开始于一些小事。

日本語訳
天下の難事はすべて簡単なことから始まり、天下の大事はすべていくつかの小さいことからはじまる。

中国語教室「ニイハオチャイナ神戸」 现代“老子”8

 

 

 

漫談廣東話(六三)


2018.10.07

【姿姿柔柔】zi1 zi1 yau4 yau4
北京語:慢条斯理。
日本語:だらだらする。焦らずゆっくりする。

e.g.唔好咁姿柔啦,快手少少啦。(だらだらしないで、はやくしなさい。)

神戸三ノ宮の中国語教室「二イハオチャイナ神戸」 小昭

 

 

 

小炒藕片


2018.10.05

まだレンコンがおいしい時期が来ましたね。今日は皆さんに「蓮子の炒め」という料理のレシピを紹介します。

まずレンコンを薄く切って、水に入れてしばらく置きます。その間、ネギ、しょうが、唐辛子をみじん切りにします。

ネギの白い部分としょうがのみじん切りをかおりが出るまで炒めて、レンコンを入れます。レンコンを炒めるとき、焦げないように少しずつ水を入れます。レンコンが透明になってから、ネギの青い部分と唐辛子を入れて、もう少し炒めたら完成です。

皆さん、よかったらやってみてくださいね。

中国・神戸「ニイハオチャイナ神戸」                 小女生

 

 

 

古典名言で学ぶ中国語96


2018.10.01

天地合和,生之大经也。 ——《吕氏春秋》

现代文翻译
天地交合和谐,是生成万物的根本原则。

日本語訳
天地が交合し、調和を保つことは万物生成の根源的原理である。

中国語教室「ニイハオチャイナ神戸」 现代“老子”

 

 

 

孔子诞辰


2018.09.28

今日は中国の思想家「孔子」のお誕生日です。皆さんに先生の有名な言葉を一つ紹介しますね。

学而时习之,不亦说乎?有朋自远方来,不亦乐乎?人不知而不愠,不亦君子乎?

(学んで時々それを繰り返し身につける、これもまたうれしいことではないだろうか。友達が遠い所からも訪ねてくる、いかにも楽しいことだね。他人が自分を知らないからと言って恨みに思うことなどまるでない、それが君子というものだよ)

中国・神戸「ニイハオチャイナ神戸」                 小女生

 

 

 

 

1 / 7412345...102030...最後 »