トップに
戻る
学校案内 中国語講師紹介
中国語他課程案内
受講料金一覧
生徒の声
ニーハオ新聞
旅行業務
お問合せ
お問合せ
学校地図
ホームへ戻る
中国語教室
ニイハオチャイナ神戸
神戸市中央区琴ノ緒町
5丁目5-26-201
(三宮駅北側スグ)
TEL078(241)4568

华语歌曲:广岛之恋


2018.08.14

今日は皆さんに莫文蔚の名作「广岛之恋」を勧めます!是非視聴してくださいね!

ヽ(*´∀`)ノ

ニイハオチャイナ神戸三宮   小梅

 

 

 

漫談廣東話(五九)


2018.08.12

【嘥氣】sai1 hei3

北京語:浪费力气。

日本語:無駄な力を使ってしまう。

 

e.g.同你講都嘥氣。(あなたと話しても無駄だ。)

神戸三ノ宮の中国語教室「二イハオチャイナ神戸」   小昭

 

 

 

贴秋膘


2018.08.10

今週やっと立秋になって、少し涼しくなりましたね。

中国では、立秋になってから、秋に入ります。

これから天気どんどん寒くなるから、肉をたくさん食べて、寒さとの闘いを準備しとくというのが「贴秋膘」といいますね。

中国・神戸「ニイハオチャイナ神戸」                 小女生

 

 

 

中国語のことわざ!52


2018.08.09

【挖墙角】

土台を掘り崩すの意味から、屋台骨をぐらつかせるの意味もあります。

今は主に人才を求めるため、他の会社や部門から人才を自分のところに来るように招く時に使います。

例:

1  他为了给自己的公司召集人才,不惜挖其他公司的墙角。

2  她是去年被部长从别的部门挖(墙角)来的。

 

中国語教室「ニイハオチャイナ神戸」   夏天

 

 

 

华语歌曲:【独家记忆】


2018.08.07

今日は皆さんに「独家记忆」を紹介します。歌詞も曲も人を引きつけますよ。是非聞いてみてね!ヽ(*´∀`)ノ

ニイハオチャイナ神戸三宮   小梅

 

 

 

 

【中国グルメ単語帳】炒腰花


2018.08.07

炒腰花

腰子(豚の腎臓)とピーマンの炒め物。ごはんが進みます。中国のピーマンは虎皮といい唐辛子のような風味があり、ビールにもよくあいます。

豚マメいため

菜系: 浙江料理
材料:肉類 野菜
口味: 辛味
調理法:炒める
価格:12 — 18  元(人民币)

中国語教室「ニイハオチャイナ神戸」 ジャンプ

 

 

 

漫談廣東話(五八)


2018.08.05

【九唔搭八】gau2 m4 dap3 bat3

北京語:说话离题。

日本語:話題からずらしてしまう。

 

e.g.你講嘢都九唔搭八既。(あなた喋っていることは話題に関係ないの。)

神戸三ノ宮の中国語教室「二イハオチャイナ神戸」   小昭

 

 

 

八大菜系


2018.08.03

中国料理を代表する八つの地方料理「粤菜,川菜,鲁菜,淮扬菜,浙菜,闽菜,湘菜,徽菜」を合わせて「八大菜系」といいます。

最近、中国は「八大菜系」を増やして、「十大菜系」にするつもりです。

みなさんは好きな中国料理がありますか。新しい「十大菜系」に入るお勧めな立候補などありますか。

中国・神戸「ニイハオチャイナ神戸」                 小女生

 

 

 

 

中国語のことわざ!51


2018.08.02

【无巧不成书】

直訳では「偶然や奇遇がなければ小説や物語にならない」の意味です。

実際に使う時は、「ちょうどうまい具合に」、「ほんとに偶然だ」などの意味で使われています。

「巧」と言うことばも、よく「ちょうどタイミングがいい」などの意味で使われていますよ。

 

例:

1  你知道吗?他在去法国旅游的时候又遇到了分手4年的前女友,两个人竟然又在一起了。真是无巧不成书。

2  我正想给你打电话,你就打来了。真是太巧了。

 

中国語教室「ニイハオチャイナ神戸」   夏天

 

 

 

人脸认证(顔認証)


2018.07.31

スマートフォンで顔の特徴などを読み取り、本人確認を行う顔認証は、様々なところで導入されています。身分証明書などを出すより、顔認証は遥か効率的で、手間もかからない。

しかし、私たちの生活がどんどん便利になっていきますが、リスクもついてます。それについて、皆さんはどう思いますか?

用智能手机读取人脸特征,进行本人身份确认—很多地方都导入了人脸认证系统。与个人身份证件相比,人脸认证效率更高,也更方便。但是我们的生活越来越便利,同时也伴随着风险。对此,大家怎么看呢?

t01006a564ee9b55d91

ニイハオチャイナ神戸三宮   小梅

 

 

 

 

1 / 7112345...102030...最後 »